hogashi.*

日記から何から。

電子書籍に移行したい

 最近、本棚の空間という意味での物理的な制約から、電子書籍に移行したいと思っていて、少しずつ手を出している。出しているものの、なかなか移行できていない。

 僕は紙の本が好きでほとんど紙で買っていたのだけれど、よく言う「電子書籍への根拠のない嫌悪感」とか「紙への異常な執着」とか言われてしまうことに違和感があって、その正体はなんだろうな、と思っていた。今まで漫画が多かったので電子書籍にしても漫画のものはそれなりに体験していて、まああんまり変わりはないね、という感覚だった。
 ところが、小説のkindle版を買って読むと、タップの一操作がページめくりとメニュー出現とリンククリックの3種類くらいに対応していて位置を気をつける必要があったり(これは慣れかもしれない/android端末だからかもしれない)、画面下に"章を読み終えるまで~分"とか"~%"とか出されていて気になってしまうけど設定項目に無いので表示を消せなかったり、ままならない……をいくつか感じてしまった。多分電子書籍に抵抗を覚えるのはこういうところなのだと思う。

 逆に言えば、こうしたいという欲求に自然に応えられるデバイス/ソフトができればよさそうですね、という予想があって、このあたりを個人が(プログラミングまでいかずとも)設計とか実装とかできる仕組みができたら嬉しいな、と思っている。

 とりあえずkindleアプリは画面下に付箋とか貼ってしのぎます。